ブログ

一畳屋感謝祭 沢山のご来店ありがとうございました。

2018.3.22(木)

今年で4回目を迎える一畳屋感謝祭

毎回ご来場者のお客様の半分以上が、一畳屋のリピータ様で
このイベントに毎年来てるよというお客さまもちらほら、
本当に私たちは果報者だと思います。

スタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです。

今回初めて一畳屋をご利用する、お客様にとっても身近な存在になれるよう
努力していきたいとおもいます。

IMG_9419

IMG_9591

IMG_9613

IMG_9433

IMG_9572

IMG_9449

また次回も、お客様に喜んでいただけるようなイベントができるよう
スタッフ一同頑張りますので今後ともよろしくお願いいたします。



お寺の襖を見てきました。

2018.2.23(金)

CIMG2204

CIMG2206

CIMG2209
先日納品させていただいた、お寺の本堂の畳
襖や、壁もリフォームするとのこと、畳以外は弊社の施工ではなかったので、
お寺の前を通るたびに気になっていました。

先日やっと念願かない、見学させていただきました。

IMG_4508

IMG_4507

IMG_4506

襖も、壁も黄金色、神々しい仕上がりになっておりました。
ご先祖さまも、檀家さまもきっとお喜びのはず。

良いものを見せていただきました。

突然の訪問にもかかわらず、快く了承していただき、誠にありがとうございました。

長く安心してお付き合いできる畳屋でありたい。

2018.2.7(水)

先日お見積りさせていただいた、I様とは長いお付き合い。
4兄弟全員一度はお伺いしています!!

いろんな施工をさせていただきました。

IMG_4363[1]
特に印象的だったのは、こちらの襖!!
すごい迫力ですよね(^^)

実は、この文字はI様の娘さんが書かれたもの。

珍しい、施工だったので特に印象に残っていました。

IMG_4373[1]
他にも、娘さんの作品がセンス良く飾られています。

IMG_4365[1]

IMG_4369[1]
お孫さんが生まれた時には、ガラス戸を割れにくいプラスアルファチックに変えさせていただきました。

実は、いい畳の歌付きCM(お天気フィラー)の撮影場所でもあります。
I様いつもご協力ありがとうございます。

一畳屋は安心して長いお付き合いのできる畳店を目指しております。
実際、昨年施工させていただいた約1800件のお客様の内、
有難いことに800件以上がリピーターのお客様です。

障子1枚、網戸1枚からでも、喜んで施工させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。
 

一級畳製作級技能士 7人 二級表装製作技能士 一人

2018.1.30(火)

昨年、弊社の若手ホープの髙見さんと、大ベテラン松沢さんが技能試験に合格!!!
高見君さんは一級畳製作技能士
松沢さんは、県内でも取得者の少ない、二級表装技能士を取得しました。
一畳屋の技能士が8人になりました。

写真は、左から技能士を取った順に並んでいます。
技能士写真A

一畳屋では、社員の資格取得の後押しをずっと続けてきました。

第一はお客様のために技術向上を図ることが目的でしたが、

社員の意見を聞いてみると、
「資格を取ることでじしんが自身がついた。」
「モチベーションが上がった」
その他の効果もあったと感じています。

技術面に関しては、3男の喜三郎さんがずっと指導に当たってきました。
それぞれの得意分野に集中できるのも4兄弟の良さだと感じています。

資格取得に当たって今年資格を取った二人にインタビューしました。

高見写真
髙見 慎吾さん
昨年無事に畳製作一級技能士の試験に合格することが出来ました。
試験勉強を知る中で自分の足りないものの多さを知りました。
ここからがスタート足りない部分を補うため努力していきたいと思います。

松沢写真
襖部主任 松沢 孝俊
昨年は、以前から挑戦していた襖の技能試験に合格しました。
これを励みに、お客様に満足していただけるよう努力していきます。

技能取得は出発点、技術の向上に終わりはありません。
お客様に喜んでいただけるように、一畳屋一同今後とも頑張っていきます。

7年前に畳替えした部屋の襖を張替えさせていただきました。

2017.12.28(木)

IMG_4054

以前畳を納入させていただいたお客様の襖と障子の張り替えをさせていただきました。

襖をかえるだけで和室の雰囲気がガラリと変わります
IMG_4053

IMG_4050

IMG_4051

引手も重厚な襖の柄と合わせて、真鍮の松竹梅をあしらったものをお選びいただきました。
お部屋とよくマッチしています!!

再度ご縁をいただいたことに感謝です

畳を替えるた時の、青々した畳と香りは畳の良さ再確認する瞬間だと思います。

写真の畳は7年前に替えさせていただいたもの。

写真ではわかりずらいかもしれませんが(;^ω^)
上質な畳表を使用していて、その色、艶の違いを
お客様が、感じ取ってくださっていてとても嬉しかったです。

上質な畳表は、焼けて黄金色になった時に、青畳とは違った、美しさのピークを迎えると思います。


焼けた畳表はの色は捨て色で人がすごく落ち着く色だそうです。

「この価値を伝えるのは畳屋の使命だ」と改めて思った一日でした。


今日で一畳屋は仕事納めです。

来年も、畳4兄弟を中心に社員一同、「いい畳 作ります!!」ので
何卒よろしくお願いいたします。