ブログ

7年前に畳替えした部屋の襖を張替えさせていただきました。

2017.12.28(木)

IMG_4054

以前畳を納入させていただいたお客様の襖と障子の張り替えをさせていただきました。

襖をかえるだけで和室の雰囲気がガラリと変わります
IMG_4053

IMG_4050

IMG_4051

引手も重厚な襖の柄と合わせて、真鍮の松竹梅をあしらったものをお選びいただきました。
お部屋とよくマッチしています!!

再度ご縁をいただいたことに感謝です

畳を替えるた時の、青々した畳と香りは畳の良さ再確認する瞬間だと思います。

写真の畳は7年前に替えさせていただいたもの。

写真ではわかりずらいかもしれませんが(;^ω^)
上質な畳表を使用していて、その色、艶の違いを
お客様が、感じ取ってくださっていてとても嬉しかったです。

上質な畳表は、焼けて黄金色になった時に、青畳とは違った、美しさのピークを迎えると思います。


焼けた畳表はの色は捨て色で人がすごく落ち着く色だそうです。

「この価値を伝えるのは畳屋の使命だ」と改めて思った一日でした。


今日で一畳屋は仕事納めです。

来年も、畳4兄弟を中心に社員一同、「いい畳 作ります!!」ので
何卒よろしくお願いいたします。

マンションの和室を施工させていただきました。

2017.12.25(月)

「和室をおしゃれに変えたいんですが・・・ご相談できますか?」
少しハードル高めなご相談が舞い込みました。

障子で仕切られたマンションの4畳半の和室

障子は通常より丈が長く2m40cmもありました。

洋間にすることも検討したが、今は中々大工さんも見つからないのでまず、
和室だけでもきれいにしたいというご要望でした。

いくつかプランをお話して今回施工後のお写真がこちら

CIMG0146

これも畳なんです!!!
といってもイグサではなく樹脂製なので、水拭きもできます。
今までは、クッション材が入っていない土台を使われていましたが、
今回は縁無し畳に新調したので、クッションも厚手のものを入れさせていただきました。

障子も少し変わった仕様です!!
ワーロンという破れない障子で 下3分の1を麻の花の模様に変えてみました。
CIMG0147

マンションの場合はリビングのすぐ横が和室の場合が多いので
リビングと一体感がある縁無し畳はおすすめです。



こちらは縁付きパターン
障子は同じくワーロンで、茶の畳とマッチするように帯を入れてみました。
畳表は壁と同じくよく見ると市松模様です。

CIMG1587

施工前
CIMG1576

施工後
CIMG1585

施工前後でずいぶんイメージが変わりますよね。

和室と一言で言っても、先日ご紹介したような純和室からモダンなものまでいろんな選択肢が増えております。
まずはお気軽にご相談ください(^^)

畳・襖・障子 年内間に合います!!

2017.12.8(金)

今年も残すところ20日あまりとなりまた。

大掃除は進んでますか?

大掃除とご一緒に畳・襖替えはいかがでしょうか?

CIMG1622

CIMG1625

畳と襖が変わるとお部屋が明るくなります。

年内12月28日まで 日曜以外は休まず営業しております。

年内施工も受付中です。

お正月をきれいな畳で過ごしませんか?

お気軽にお問い合わせください。

見積もりはもちろん無料です。


1級畳製作技能士 2級表装技能士合格しました。

2017.11.22(水)

一畳屋には、お客様によりよい仕事を提供するため、

従業員に技能士習得の支援制度があります。

会社の支援と、本人たちの努力が実り今年新たに、技能士が増えました。

IMG_3950

高見さんは、入社8年目 試験前の練習も本当に一生懸命していました。
IMG_2841

松沢さんは、入社20年を超える大ベテラン襖のみの技能資格はないので、表装の技能資格に挑戦!!
見事合格です。
CIMG2233


IMG_3949

これで、一畳屋には1級畳製作技能士が、7名  2級表装技能士が1名 になりました。

安心して、注文できる畳屋を目指し今後も精進していきたいともいます。

秋は襖・障子替えにとてもいいシーズンです。

2017.9.30(土)

秋は、襖・障子替えにとても良いシーズンです。

和室<strong>画像

襖と、障子が新しいと、部屋が明るくなります

施工前
施工前

施工後
施工後

施工前
CIMG6708
施工後
IMG_0229

一畳屋では、障子をスポンジで洗った後、桟も一本ずつ丁寧に拭き上げます。
CIMG2233

CIMG2226


襖や、障子にはのりを乾かす工程があり、
どうしても、1日か2日お預かりしなければなりません。

つまり2日間は、仕切りがなくなってしまうのです。

だから、熱くも、寒くもないこの時期が、タイミングとしては一番良いと思います。

お正月を、きれいな、障子・襖で迎えませんか?

お気軽に、お問い合わせください。

投稿者: 襖・障子