ブログ

中学生の職場体験

2017.9.8(金)

こんにちは!一畳屋長女です。

今年も、職場体験に地元合志から中学生が来てくれました。
今年は2校です。

毎年、一畳屋での職場体験は、掃除、網戸はがしなども経験してもらいますが、
メインは、寝茣蓙を1枚手縫いで仕上げるという体験をしてもらっています。

IMG_3466
真剣に手縫いに挑戦する子供たち

みんな真剣そのもの
IMG_3455

IMG_3452

IMG_3453

IMG_3454
上手に縫えています。

出来上がった寝茣蓙は持ち帰ってもらっています。

自分で使う子もいれば、
両親や、祖父母のだれかにプレゼントする子もいます。

寝茣蓙の手縫いを通して、畳の香りや感触に触れ
畳好きな人が一人でも増えてくれると嬉しいです。

中学生の職場体験受け入れももうすぐ10年成人した彼らに
声をかけられることも、ちらほら
感慨深いですよね(^^)

畳を通してこれからも地域貢献していきたいと思います。

八代イ草刈り取り研修 その3

2017.7.19(水)

本日は、イ草を手狩り風景を連続撮影したものをご紹介いたします。

CIMG2420

CIMG2421

CIMG2422
このように、イ草の束を8束刈り取ります
CIMG2423

CIMG2424

CIMG2425

CIMG2426

CIMG2427

イ草を束ね振ったり、体に当てたりしながら、短い草を落としていきます。

落ちた草は畳表にはなりません。のちに焼いて畑の肥料となります。CIMG2428
長い草の束をひもで束ねます。

CIMG2429
3人が抱えているイグサ全部でようやく畳表1畳分ぐらいです。
この作業のひたすら繰り返しです。今は機械が入れないところのみしか手狩りはしませんが、
30年前は大勢のバイトを雇いこの作業を行っていたそうです。

機械化が進んだとはいえ、植え付けから、刈り取り、製織。
畳表ができるまでには本当にたくさんの手間、愛情がかけられています。

研修を通してさらにそう感じました、研修会を企画してくださった問屋様、繁忙期に農業素人を
快く受け入れてくださった、イ草生産者の江嶋様ご一家、本当にありがとうございました。

やっとできた畳表を、1枚も無駄にすることなく、私たちの畳への愛情もプラスして、
これからもお客様に届けていきたいです。(光子)

イ草刈り取り研修 IN 八代

2017.7.16(日)

問屋さん主催のイ草刈り取り研修に参加してきました。

いまさらながら、イ草は畳の一番表面の部分畳表の材料です。

全国で流通する国産畳表のほとんどは、熊本県の八代で作られています。

産地には、何度も足を運んでいる長女ですが、刈り取り研修は今回が初めて!!

30年前は、イ草の刈り取りは、すべて手狩りで、暑い中でするその作業は

「イ(イグサ)切るか、死ぬか」といわれるほど過酷でしたが、

ハーベスターというイ草刈り取り専用の機械が出来てからはずいぶん楽になったそうです。

IMG_3071
こちらがハーベスター

今回お世話になった農家さんは、ハーベスターを導入されていて通常の作業では手狩りすることはあまりないそうですが、

私たちのために特別に手狩りも体験させてくださいました。

IMG_3069
イ草を鎌で刈り取り

IMG_3073
短い草を振り落とし、束にまとめる。(写真は一緒に研修を受けた小田原の真壁畳店さんです)

ここまでの作業を、機械がやってくれます。昔はバイトの手が必要でしたが、

今はハーベスターが10人分の刈り取り作業をしてくれるとのことでした。


体験は、1束分だけでしたが、想像するだけでその過酷さはわかります。
IMG_3077
イ草を抱えて記念撮影(^^)この日はほぼこれで終了

2日目が本番!!その記事はまた明日書きます。。。

投稿者: 産地紹介, , 畳表

良いものは良い。

2015.2.20(金)

先日8年前に畳表替えをさせていただいたお客様のところへ伺いました。
今回は畳の裏返しをしたいというご依頼でした。

ご存知の方も多いと思いますが、畳表は裏表利用可能で傷んだり焼けた畳表を剥がし、ひっくり返して再度縫付けることを裏返しと言います。
発想がエコで物を大事に使う日本文化が畳の世界にもあります。

こちらは裏返し前の畳。
CIMG8045
質の良い畳表は焼けてからが素晴らしいです。黄金色に焼けて風合いが違います。

こちらは裏返した後。
CIMG8046

CIMG8049
8年経った畳でもこの美しさです。

通常は一畳屋でも畳の裏返しは表替えから3年~5年でしましょうと勧めております。考えられるであろう裏側の色褪せや傷みの具合からその年数ぐらいが適当と考えるからです。

今回は8年経った畳でこの美しさです。畳表はイ草の草質・織り上げによって歴然と良し悪しがあります。

良いものは当然、今回のように長く良い状態が続くわけです。

畳表の良し悪しなどお客様には分かりずらいと思いますが、現物を見れば色合い・肌触り・強さなど感覚的に感じ取っていただけると思います。

私たち一畳屋は畳のプロとしてしっかりとした品揃えと知識でお客様に説明し、選択肢の幅を示していきたいと思います。

それが長い目で見たときに一畳屋でこの畳を選んで良かったと満足していただけると信じて頑張ってまいります。(慎)

投稿者: , 畳表

今日のお仕事 【柄表 大目綾】

2014.10.27(月)

今日は少し変わった畳表を使用した畳を作っております。
CIMG1011

CIMG1012

CIMG1013
大目綾(おおめあや)という種類の柄表(がらおもて)です。イ草の織り方が変わっていて菱形が
折り重なったような模様が特徴で、足触りもぼこぼこして気持ちいいです。

この畳がお部屋に敷かれるとどうなるのか後日レポートしたいと思います。(慎)

投稿者: , 畳作り, 畳表