ブログ

畳の上で何する? 保育園児が茶道体験

2018.3.12(月)

「畳の上で何する?」をテーマに坪井ショールームで不定期イベント開催中!!

今回は、畳屋三兄弟 長男の娘と同窓生の、卒園を控えた保育園児さんたちに茶道体験してもらいました。

お茶をたてるのは 畳屋三兄弟 三男 喜三郎
兄弟で唯一茶道をたしなんでおります。

流派は肥後古流です。

CIMG0268
和の文化を知ってもらうのが狙いなので、着物で登場!!

CIMG0267

CIMG0264

園児さんたち全員が上手に正座できたことと、礼儀正しさにびっくりΣ(゚Д゚)

先生たちも、いつも以上にきちんとした子供たちを見て驚いておられました。

イ草の香りには、心を落ち着かせる効果もあるので、少しは関係あるのかも知れませんね。

長く安心してお付き合いできる畳屋でありたい。

2018.2.7(水)

先日お見積りさせていただいた、I様とは長いお付き合い。
4兄弟全員一度はお伺いしています!!

いろんな施工をさせていただきました。

IMG_4363[1]
特に印象的だったのは、こちらの襖!!
すごい迫力ですよね(^^)

実は、この文字はI様の娘さんが書かれたもの。

珍しい、施工だったので特に印象に残っていました。

IMG_4373[1]
他にも、娘さんの作品がセンス良く飾られています。

IMG_4365[1]

IMG_4369[1]
お孫さんが生まれた時には、ガラス戸を割れにくいプラスアルファチックに変えさせていただきました。

実は、いい畳の歌付きCM(お天気フィラー)の撮影場所でもあります。
I様いつもご協力ありがとうございます。

一畳屋は安心して長いお付き合いのできる畳店を目指しております。
実際、昨年施工させていただいた約1800件のお客様の内、
有難いことに800件以上がリピーターのお客様です。

障子1枚、網戸1枚からでも、喜んで施工させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。
 

三男 喜三郎の結婚式

2018.2.5(月)

2月3日 三男喜三郎が結婚いたしました。

IMG_4422

IMG_4406

IMG_4404

京都時代の修業仲間、熊本の畳屋さん、問屋さん、イ草生産者、高校・中学の友人。
多くの方にご列席いただき、喜三郎はほんとに幸せ者だなと思いました。

これから、家族になるお嫁さんも、天真爛漫で、みんなに愛されるすごくいい子だということが結婚式から伝わってきました。

IMG_4390
家族写真もパシャリ
また、家族が増えていくのをすごく喜ばしく思います。

IMG_4424
チラシにはいつも一緒に写っていますが、実際4人が1枚の写真に写っているものはほとんどないので
貴重な写真を撮ることが出来ました。
(チラシの写真より、みんなやや老けました( ^ω^)・・・)

あたらし家族が出来た分、これまで以上に4兄弟力を合わせ頑張っていきたいと思います。

一級畳製作級技能士 7人 二級表装製作技能士 一人

2018.1.30(火)

昨年、弊社の若手ホープの髙見さんと、大ベテラン松沢さんが技能試験に合格!!!
高見君さんは一級畳製作技能士
松沢さんは、県内でも取得者の少ない、二級表装技能士を取得しました。
一畳屋の技能士が8人になりました。

写真は、左から技能士を取った順に並んでいます。
技能士写真A

一畳屋では、社員の資格取得の後押しをずっと続けてきました。

第一はお客様のために技術向上を図ることが目的でしたが、

社員の意見を聞いてみると、
「資格を取ることでじしんが自身がついた。」
「モチベーションが上がった」
その他の効果もあったと感じています。

技術面に関しては、3男の喜三郎さんがずっと指導に当たってきました。
それぞれの得意分野に集中できるのも4兄弟の良さだと感じています。

資格取得に当たって今年資格を取った二人にインタビューしました。

高見写真
髙見 慎吾さん
昨年無事に畳製作一級技能士の試験に合格することが出来ました。
試験勉強を知る中で自分の足りないものの多さを知りました。
ここからがスタート足りない部分を補うため努力していきたいと思います。

松沢写真
襖部主任 松沢 孝俊
昨年は、以前から挑戦していた襖の技能試験に合格しました。
これを励みに、お客様に満足していただけるよう努力していきます。

技能取得は出発点、技術の向上に終わりはありません。
お客様に喜んでいただけるように、一畳屋一同今後とも頑張っていきます。

ヘアドネーション

2018.1.11(木)

こんにちは!長女の光子です。

長年延ばした髪の毛を「ヘアドネーション」させていただきました。

「ヘアドネーション」とは
頭皮・頭髪に関わる何らかの病気が原因で髪の毛を失い、ウィッグを必要としている子ども達に、
医療用ウィッグの原料となる毛髪を間接的に提供すること。
寄付された髪の毛は、当団体によって選別・加工の工程を繰り返したのち、
ウィッグとして生まれ変わり、レシピエントの元に届けられています。

ウィッグにできる髪の毛の条件

⓵31センチ以上の長さがある(これが意外とハードル高いです・・・)
ただし、31センチ以下の髪の毛も、31センチに満たない場合も、無駄になることはありません。

⓶引っ張ると切れてしまうほどにダメージがなけれ大丈夫
パーマ、カラー、ブリーチをしていてもOK!
くせ毛などの髪質、年齢、性別、国籍などは問いません!

⓷完全に乾いた髪の毛
湿っている髪の毛は、カビや雑菌が繁殖する可能性があります。
他の方の毛束にも影響する恐れがありますので、完全に乾燥した状態でお送りください。

私は、提携サロンでカットしていただいたので、送る作業はそちらにお任せでした!!

詳しくは知りたい方は
特定非営利活動法人 ジャパンヘアドネーション&チャリティー のホームページをご確認ください。



https://www.jhdac.org/hairdonation/hair.html


023

025

自分の髪が誰かの役に立つのはすごくうれしいです。
この活動を知ってから3年間ほど髪を伸ばし続けました。

よかったことは、誰かにあげるからこそ、髪の毛の手入れを以前よりするようになり、
髪の毛がきれいになりました。

髪を切った時の達成感は何とも言えないうれしさがあります。

興味のある方は是非挑戦してみてください。

投稿者: スタッフ